ファックス一斉送信におけるメリット

最近、営業の1つの手段としてよく使われているのがファックス一斉送信です。ファックスでダイレクトメールを送信することで、主として企業対企業の営業の中でしばしば使われる手法です。現在では、パソコンや携帯電話でのメールが一般的になっている中、日本企業のほぼ100%に普及しているファックスを使用したダイレクトメールは、メールと比べてメリットが多いのが特徴です。ファックス一斉送信では、数万件のダイレクトメールを一斉に送ることが可能です。ファックス一斉送信のメリットとしては、送付先に見てもらえる確率が高い点が挙げられます。パソコンや携帯電話のメールは削除されて見てもらえない確率が高いですが、ファックスであれば相手先の企業に形として残りますので、見てもらえる可能性が高いでしょう。

ファックス一斉送信にはさまざまなメリットがある

パソコンや携帯電話の電子メールの場合は、ウイルスの危険があるとして削除されてしまうことも多々ありますが、ファックス一斉送信ではそのようなこともありません。ファックス一斉送信は専用のソフトを用いて行います。専門業者のサポートを得た上で送付することになります。導入する上のコストはかからず、送信にかかる経費も1枚あたりが4円から10円と、格安なのも特徴です。ダイレクトメールを郵便で送る場合も見てもらえる可能性は高いですが、経費がかかる上、ダイレクトメールを作成、印刷、封入など複数の行程を踏むため、実際に送付するまでの時間もかかります。その点ファックス一斉送信は、ダイレクトメールの作成から送付までの時間も短い時間で行うことが可能で、時間の面でも節約することができます。

ファックス一斉送信業者を選ぶポイント

ファックス一斉送信を依頼する業者を選ぶ際には、チェックすべきポイントがあります。まずは、料金体系が適切であるかという点です。ファックス一斉送信の料金体系は初期費用と基本料金、送信単価に件数を掛けたものを合計するのが一般的です。基本料金は業者ごとに異なります。送信単価は価格だけを単純比較するのではなく、ファインモードにした時や宛名印字をした時に別料金がかからないか、などを含めて検討しましょう。ファックス一斉送信を行う業者は値段重視、名簿重視、ノウハウ重視の3種類に分けられます。安さだけで選ぶと成果が得られない場合もあります。いくらたくさん送っても反応率が低ければ、意味がありません。反応率を高めるためのアドバイスをもらえるなど、親身な対応をしてくれるところを選ぶべきです。