おすすめのファックス一斉送信会社の選び方

ほとんどの業種において、営業というのは欠かせないものです。お客様がいなければ商売は成り立ちません。営業の方法は様々あります。直接会社や店舗に出向き提案をする方法、いわゆる足を使うというやり方です。営業の基本中の基本であるとも言えるでしょう。直接面と向かった方法意外ですと、電話や現在ではメールやSNSといったインターネットを使った方法もあります。直接足を運ぶ営業は人出がかかるものですので、人手不足の現在、やりたくてもやれないという会社も多いでしょう。そんな時に便利な営業方法の一つとしてファックス一斉送信という方法があります。ファックスはメールと違って直接目に触れるものですので興味がなくても見てもらう事ができるという事がメリットの一つです。そんなファックス一斉送信の仕組みや会社の選び方を解説いたします。

ファックス一斉送信とはどのようなサービスなのでしょう

ファックス一斉送信とはその名の通り一つの送信先から複数の相手にファックスを送る事です。営業ツールとしてだけではなく、個人間の間でも、一人から複数の相手に同じ内容を連絡したい時に便利です。営業としての利用ですと、会社の規模にもよりますが何百、何千という送り先が必要ですので、自社で行おうとしても限界があります。また、貴重な人材を単純なファックス送信業務につかせるのももったいない事です。そこで便利なのがファックス一斉送信を代行で行ってくれる会社を利用する事です。ファックス一斉送信の会社はその道のプロという事になりますので、送信先のリストも業種別ごとに保有しています。送信方法もファックスの機会を使うのではなく、インターネットでファックスを送る方法が主流になっており、一時間に三万件ほど送る事が可能です。それにより通信コストも下がります。

ファックス一斉送信のお得な会社を選んで良い成果を得ましょう

ファックス一斉送信の会社はそれぞれに料金体系も異なります。できるだけコストをおさえるためには、送信の業務のみを委託し、送信先のリストは自分達で作成するという方法です。ファックス一斉送信の会社によっては、新規開拓したい業種、エリアなどの詳細、希望送信件数を伝えれば希望に沿った送信先リストの作成も行ってくれます。また件数が多ければ多いほど安くなるのがほとんどです。例えば、1件~999件までは基本料金として¥2000がかかり、1000件以上からは基本料金が無料になる、という所もあります。送信先一件あたりの単価も、送信件数が多くなれば安くなっていきます。ファックス一斉送信は郵便よりもコストを抑える事ができ、メールよりも見てもらえる確立がグンと上がります。業種によっては他の方法の方が良い場合もありますので、しっかりと費用対効果を理解してファックス一斉送信を利用しましょう。