ファックス一斉送信にかかる費用

ファックス一斉送信で行う、販売促進は経費が安いことそして人件費がかからないという点から人気が高い方法の一つです。チラシを配布する場合は、必要枚数分を印刷して配布するわけですから印刷代金がかかること、それを配布するためには人件費がかかることなどさまざまな点で費用がかかってきます。ファックス送信の場合は、チラシの印刷代金は原本がたった一枚で良いですのでそこでかなりの費用を削減することができます。そういった費用を削減することで、デザインによりお金をかけられるようになりますので今までよりも良い広告が作れるようになります。ファックス一斉送信でかかる大きな費用としては送る先のファックス番号があまり分からない、新規OPENなので付き合いが無いといった方ようにある専門業者への依頼が経費としては一番かかってくるわけです。

ファックス一斉送信の専門業者に頼む場合の費用

専門業者にファックス一斉送信を依頼する場合、経費はどれくらいかかるのかは事前に下調べをしておくと、損をすることなく依頼することができます。下調べをする際は比較サイトを利用することがおすすめです。比較サイトでは近場にある業者の中から自分に合った取引先を見つけることができるのでより良い業者と取引をすることが可能になります。ファックス代行業者で比較サイトを見てみると初期費用、名簿代金などさまざまな点の費用がどれくらいかかるかを細かく載せてくれています。またキャンペーン情報なども掲載されていますのでよりお得なときに注文を出すことが可能になってくるわけです。例えば一回に何件送付するかによっての料金などがすぐに比較することができます。また小規模から大規模まで幅広い分野を担当してくれる業者さんも数多くあります。

ファックス一斉送信で数多くの企業に広告をうつ。

ファックス一斉送信を行う業者さんは、自分たちの独自ルートからファックス番号が掲載されている名簿をリスト化して販売しています。新規OPENの店やポイントカード作成などを行っていない店舗では自社の力で営業先のファックス番号を調べるのはとても労力や時間がかかってしまいます。ファックス番号をリスト化している業者さんに頼めば自分たち企業が広告やDMを送付したい営業先をリストアップしてもらうことができます。多少のお金はかかりますが今までのようにチラシをポスティングして、たくさんのDMを作成する費用を考えればとてもお得に販売促進を行うことができるようになるわけです。これから先の販売促進の費用を抑えて行ないたいのであれば、こういったファックスでの営業を考えてみるのもおすすめと言えます。