知っておきたいファックス一斉送信の活用法

ファックス一斉送信は、主にファックスダイレクトメールに使われています。これはファックスを使った広告を、該当の会社などに送信する方法です。もちろん広告だけではなく、同業者からの注意喚起や、行政からの連絡事項など、さまざまな場面に使われています。ただこのような方法は、ファックスではなくメールでの連絡も多いので、最近は少なくなってきているようですが、それでもすぐに目に留まるファックスは緊急時だけでなく、広告に使われており、それなりの成果を上げる事ができているようです。もちろん広告で効果を上げるためには、広告自体を効果的なものにする必要もありますし、送信時間や送信方法などを検討しなければ、コストだけかかってしまうという事にもなります。これはもちろん業務連絡にも同様の事が言えます。夜中にファックスをしても、他のものと混ざってしまえば印象が薄れます。

ファックス一斉送信のメリットは見てもらえる可能性の高さ

ファックス一斉送信の良い面は、メールのように、いつ見てもらえるのかわからないということが無い点です。もちろんファックスを送信しても、他のものと混ざってしまえば見てもらえない可能性もあります。しかしメールのように、タイトルだけで判断されてしまう物は、広告に関しては見てもらえずに削除される可能性の方が高いです。見てもらえるといえば郵便物ですが、郵送費がかかる上に見てもらえずに、シュレッダーやゴミ箱行きになることもあります。もちろんファックスにもいえることですが、それでも一度は誰かに内容が目に留まるものです。比較的安価で、見てもらえる可能性が高いという点が良い面ですが、効果に関しては数パーセントです。しかしこれはダイレクトメール全体に言える効果なので、ファックスという形だから悪いということではないでしょう。

ファックス一斉送信のデメリットは迷惑がられる可能性

ファックス一斉送信のデメリットは、相手の通信費とインク代と紙を使用しているという点です。たかが一枚の紙への印刷物ですが、これが重なれば不愉快に思われることもあります。また配信拒否をしているにも関わらず、何度もファックスを送ることで、違法行為とされてしまう場合があります。個人宅で起業をしている方の場合、夜中に突然ファックスがなれば非常に驚きます。大企業に夜中にファックスを送れば、他の印刷物に混ざって目立たなくなります。タイミングが難しいという点はデメリットです。これはファックス一斉送信を依頼する会社によって解決することもありますが、そのようなノウハウが少ない会社に依頼してしまった場合、ただ自社の印象を悪くしてしまうだけになりかねないので、注意する必要があります。